賃貸契約でなくバーチャルオフィスを利用する起業家が近年増加中

サイトマップ

男性の影

経費を抑えて起業するのに最適なバーチャルオフィス

オフィスビル

起業準備の一つとして資金調達があります。一般に、起業時には、オフィスを借りることを前提に、かなり多額の資金を用意しなければならないと考えている人が多いです。しかし、バーチャルオフィスという選択肢を前提にすることで、用意すべき資金の額は大幅に変わってきます。従って、起業を考える際には、想定しているビジネスの内容がバーチャルオフィスの利用に向いているかどうか、じっくり検討してみることをおすすめします。
バーチャルオフィスは、オフィス向けの物件に入居することなく、物件住所と電話番号を自分のビジネス用に使えるサービスです。バーチャルオフィスと契約すれば、実態としては、自宅で仕事をしていても、対外的な活動においては、借りているバーチャルオフィスの情報をコンタクト先として公式に示すことができます。
物件を使っていないことから利用料金は破格の安さですし、名刺等でもレンタルした住所を開示するので、自宅に関する情報を不特定多数に公開するリスクも避けられます。バーチャルオフィスの利用で十分にビジネスを回していけるようであれば、経費を最大限抑えて起業できる分、浮いた資金を営業、広告宣伝などに十分投資することができるでしょう。

TOP