賃貸契約でなくバーチャルオフィスを利用する起業家が近年増加中

サイトマップ

男性の影

スモールビジネスにぴったりのバーチャルオフィス

男性の手

起業すると一口に言っても、誰もが多額の融資を受けて最初から規模の大きなビジネスを営むわけではありません。自分ひとりでスタートする場合もあるでしょうし、お仲間数名とベンチャーを立ち上げるなど、スモールビジネスで独立する場合も沢山あるでしょう。そんな場合は、バーチャルオフィスと契約して、事業拠点の住所と電話番号をレンタルすることをおすすめします。
実務を行うにあたり、広い作業スペースや在庫保管場所など、オフィスとしての実際の空間を必要とするビジネスでは難しいですが、基本的に家で対処できるタイプの仕事なら、バーチャルオフィスで十分間に合うはずです。自宅を拠点に仕事をするとしても、名刺に自宅住所を印刷して、それをもって営業活動を行うのは、個人情報保護の観点からやはり心配です。
バーチャルオフィスと契約すれば、レンタルしたアドレスをビジネス用に使えるので、名刺はもとより、ホームページのコンタクト情報としても掲載可能です。バーチャルオフィスは、オフィス物件に入居して負担することになる賃料に比べると、大変お安い料金で利用できますので、資金の節約にも寄与するところ大です。是非、バーチャルオフィスを積極活用するといいでしょう。

TOP