賃貸契約でなくバーチャルオフィスを利用する起業家が近年増加中

サイトマップ

男性の影

バーチャルオフィスの応対サービスで負担を軽減しよう

観葉植物のあるデスク

フリーランスなどの個人事業主の方、自分一人で事業を切り盛りしており電話対応や郵便物の受取などに負担を感じていませんか?しかし、これらの対応業務だけにスタッフを雇用する余裕がない、ほかに任せられる仕事もなくコストパフォーマンスが悪いというならバーチャルオフィスを利用してみてはいかがでしょうか。
バーチャルオフィスは住所を法人登記に利用できる住所貸しサービスだけでなく、電話転送や郵便物転送のほかにオプションサービスで秘書代行などの応対サービスがあります。バーチャルオフィスの基本料金なら月額5千円ほどで利用でき、秘書代行サービスを付帯しても月額2万円以下に抑えることができます。法人登記に利用できる住所が確保でき、電話対応や郵便物の取りまとめなどを行うスタッフを直接雇用せずに済むため人件費を負担せずに業務効率をアップすることができます。例えば、作業に集中したいという方なら電話受付はバーチャルオフィスのスタッフに任せて、作業が終了してから折り返し電話を行うことが可能です。また、勧誘など直接事業に関わらない電話は取りつがないなども可能であり、時間を無駄にすることもありません。そのほかにもバーチャルオフィスでは経理代行サービスなどもあり、経費処理を任せることもできるなどのメリットもあります。

営業拠点のスムーズな開設にバーチャルオフィスを活用しよう

営業拠点を短期間で開設したいと考えているならバーチャルオフィスを利用するという方法があります。賃貸オフィスのようにスタッフを常駐させて営業活動に従事させる必要がない、地方企業で営業活動を行う上で必要性に応じて打ち合わせスペースを活用したい、スタッフの実務は自宅でテレワークを検討しているという際には賃貸オフィスではコストパフォーマンスが悪く、レンタルオフィスなどでは費用が割高になります。
しかし、バーチャルオフィスなら住所を支店や営業所として表示することができ、急な来訪時には受付スタッフが応対することができます。また、地方から定期的に営業活動で訪れるという際には臨時の作業場所を確保することができ業務に従事することができます。さらにバーチャルオフィスは、貸会議室のサービスも充実しており、取引先と規模の大きな打ち合わせも可能です。
スタッフは通常は自宅でテレワークを行っているものの、打ち合わせのためにスペースが必要という際にはバーチャルオフィスのある住所に訪れて対応するだけで済みます。また、バーチャルオフィスといっても、レンタルオフィスなどの形態でも運営を行っているためオフィススペースが備わっています。営業活動で都市部に訪れる際には待ち時間を業務に充てることもでき、営業担当者の業務効率を向上することも可能です。

資本金が少ないならバーチャルオフィスで起業しよう

利益が期待できるビジネスアイデアはあるものの、独立して起業する資本金がなく躊躇しているということはありませんか?起業する際、オフィス開設が必要になり敷金や礼金、契約手数料や内装工事費用などを含め数十万円もかかり準備できる資本金を消化しそうならバーチャルオフィスを検討してみましょう。
法人登記にかかる費用自体は高額なものではなく、実際にはオフィス開設に必要な費用が問題になることもあります。しかし、バーチャルオフィスなら法人登記に必要な住所を月額数千円で利用することができ、資本金が少なくても起業することが可能です。オフィス開設に必要な費用が浮いた分を事業運営に必要な資金に充てることができ、売り上げが安定するまでを乗り切る糧にすることができます。
また、バーチャルオフィスはスタッフを雇う余裕がない場合でも、秘書代行サービスにより電話応対などを充実させることができます。電話に出られないこと自体が機会損失につながる可能性があるものの、秘書代行サービスを利用することで電話を放置することがなくなり、機会損失のリスクを軽減することができます。月額1万円や2万円の予算でオフィス運営に必要なサービスを利用できるため、無理にスタッフを雇用することもなくなり手元に資金を多く残せます。また、バーチャルオフィスなら物件探しに苦労することもなく、短期間で起業も可能です。

TOP